腸内環境に一定の効果が見込める断食

腸内環境を良くする方法の中には、かなり独自性が強いものもあります。その1つが断食です。そもそもお腹の環境が悪くなる原因の1つは、食べ物なのです。そして現在の食生活は、「飽和」と言われています。つまり食べ過ぎの可能性が大なのです。よくテレビなどでもクローズアップされますが、食べすぎはあまり体に良くありません。適量を摂取する分には問題無いのですが、あまり多くの量を食べてしまいますと、お腹の中に悪影響を及ぼす傾向があります。そもそも江戸時代などでは、1日2食でも問題なかったのです。ある時からそれが3食になっていた訳ですが、それでは多すぎるとの意見も見られます。

つまり食事の回数を減らせば、お腹の環境が良くなり得る訳です。思えば日常の食材の中には、あまりお腹に良くない物もあるでしょう。食品添加物などは、お腹の中に少なからず影響を及ぼします。しかしその添加物も摂取の絶対量を減らせば、悪影響の度合いを少なくできる訳です。また少食にしますと、かえってお腹の中が活発化する傾向があります。食べ過ぎでお腹の中が重かった方が、食事の回数を減らしてみたら、むしろお腹がスッキリしている事例も多いのです。ですのでお腹の中が気になる時には、断食を検討してみるのも一法と言えます。ただし自己流の方法で断食を行うのは、少々危険です。たまに自己流断食でトラブルも発生しているので、断食道場などで指導を受けるのが一番無難でしょう。

Submit comment

Allowed HTML tags: <a href="http://google.com">google</a> <strong>bold</strong> <em>emphasized</em> <code>code</code> <blockquote>
quote
</blockquote>