繊維による腸内環境ケアと水溶性の注意点

腸内環境は、繊維類と大きな関係があります。繊維が豊富な食材などは、環境を改善してくれるとよくクローズアップされています。いわゆる食物繊維を摂取するよう心がけると良いです。例えばバナナなどは、お腹の環境を整える為によく利用されています。というのもバナナには、水溶性の食物繊維が多く入っているからです。それがお腹の中を掃除する事により、腸内環境が改善される事になります。ヨーグルトにバナナを混ぜて食べている方も、多いですね。また人参やにんにくなども食物繊維が多いので、お腹の中を整える為によく利用されています。このように繊維が豊富な食材を心がけるのが良いわけですね。

実際に市販の整腸用サプリの中には、食物繊維が配合されている体もよく見られます。ファイバーなどの言葉が用いられているサプリなどは、大抵は食物繊維が使われているのです。そして、それが腸内環境を改善している事例も多いですね。ただし食物繊維が水溶性か否かは注意を要します。というのもその繊維にも2種類存在するのです。それが水溶性の繊維ならば問題ありませんが、問題は不水溶性のタイプです。ごぼうやサツマイモが大豆などは、実は不水溶性に該当しますので、かえって腸内環境を悪化させてしまう事があります。単純に食物繊維を摂取すれば良い訳ではありませんので、注意を要するでしょう。普段からよく使う食材の水溶性を確かめておけば、腸内環境も改善しやすくなるでしょう。

Submit comment

Allowed HTML tags: <a href="http://google.com">google</a> <strong>bold</strong> <em>emphasized</em> <code>code</code> <blockquote>
quote
</blockquote>