便秘対策と善玉菌対策で腸内環境を整える

腸内環境を整えるためのカギは、便秘をしないことと、腸内細菌の善玉菌の手助けをすることだと考えています。便秘の対策では、出来る限り刺激性の下剤を使わないようにしています。というのも、刺激性の下剤は腸の粘膜を痛めてしまい、結果的に腸内環境に悪影響を与えるためです。そのため自然な排便をうながすように、日常生活の中で工夫することを意識しています。食生活では水溶性・不溶性の両方の食物繊維をバランスよく積極的にとること、十分な水分を取ること、お腹を刺激する体操をすることを心がけています。それでも便秘になりそうだったら、早めに便を柔らかくする薬を飲んで対処します。腸内細菌の善玉菌の手助けする目的でやっているのは、まず善玉菌のエサになるオリゴ糖を摂取すること。オリゴ糖そのものの製品もありますが、わざわざ人の手を加えて精製したものではなく、てんさい糖を普段の料理で砂糖の代わりに使うようにしています。

それともうひとつは、プロバイオティクスのヨーグルトを食べること。外部から摂取した善玉菌は、実は腸内細菌叢には定着できず、排出されてしまうのだそうです。それでも腸内を通過する間は、善玉菌としての役割を果たしてくれるので、もとから腸内に住んでいる善玉菌を助けるという意味で、頑張って毎日摂取しています。これは続けないと意味がないので、手軽に摂れるように、ドリンクタイプのものを選んで飲んでいます。最近になって知ったのが、植物性乳酸菌の有用性で、動物性乳酸菌とは違った機能が期待できるようです。という訳で、最近では味噌・しょうゆなどに加えて、キムチの摂取量を少しずつ増やしています。本当は腸内細菌叢のバランスがいい人の便をカプセルに詰めて飲み込むと、バランスのいい腸内細菌叢ができるそうなのですが、まだ一般に普及していないので、今後使えるようになったら試してみたいですね。

Submit comment

Allowed HTML tags: <a href="http://google.com">google</a> <strong>bold</strong> <em>emphasized</em> <code>code</code> <blockquote>
quote
</blockquote>