繊維による腸内環境ケアと水溶性の注意点

腸内環境は、繊維類と大きな関係があります。繊維が豊富な食材などは、環境を改善してくれるとよくクローズアップされています。いわゆる食物繊維を摂取するよう心がけると良いです。例えばバナナなどは、お腹の環境を整える為によく利用されています。というのもバナナには、水溶性の食物繊維が多く入っているからです。それがお腹の中を掃除する事により、腸内環境が改善される事になります。ヨーグルトにバナナを混ぜて食べている方も、多いですね。また人参やにんにくなども食物繊維が多いので、お腹の中を整える為によく利用されています。このように繊維が豊富な食材を心がけるのが良いわけですね。 実際に市販の整腸用サプリの中には、食物繊維が配合されている体もよく見られます。ファイバーなどの言葉が用いられているサプリなどは、大抵は食物繊維が使われているのです。そして、それが腸内環境を改善している事例も多いですね。ただし食物繊維が水溶性か否かは注意を要します。というのもその繊維にも2種類存在するのです。それが水溶性の繊維ならば問題ありませんが、問題は不水溶性のタイプです。ごぼうやサツマイモが大豆などは、実は不水溶性に該当しますので、かえって腸内環境を悪化させてしまう事があります。単純に食物繊維を摂取すれば良い訳ではありませんので、注意を要するでしょう。普段からよく使う食材の水溶性を確かめておけば、腸内環境も改善しやすくなるでしょう。

腸内環境に一定の効果が見込める断食

腸内環境を良くする方法の中には、かなり独自性が強いものもあります。その1つが断食です。そもそもお腹の環境が悪くなる原因の1つは、食べ物なのです。そして現在の食生活は、「飽和」と言われています。つまり食べ過ぎの可能性が大なのです。よくテレビなどでもクローズアップされますが、食べすぎはあまり体に良くありません。適量を摂取する分には問題無いのですが、あまり多くの量を食べてしまいますと、お腹の中に悪影響を及ぼす傾向があります。そもそも江戸時代などでは、1日2食でも問題なかったのです。ある時からそれが3食になっていた訳ですが、それでは多すぎるとの意見も見られます。 つまり食事の回数を減らせば、お腹の環境が良くなり得る訳です。思えば日常の食材の中には、あまりお腹に良くない物もあるでしょう。食品添加物などは、お腹の中に少なからず影響を及ぼします。しかしその添加物も摂取の絶対量を減らせば、悪影響の度合いを少なくできる訳です。また少食にしますと、かえってお腹の中が活発化する傾向があります。食べ過ぎでお腹の中が重かった方が、食事の回数を減らしてみたら、むしろお腹がスッキリしている事例も多いのです。ですのでお腹の中が気になる時には、断食を検討してみるのも一法と言えます。ただし自己流の方法で断食を行うのは、少々危険です。たまに自己流断食でトラブルも発生しているので、断食道場などで指導を受けるのが一番無難でしょう。

検査や便の知識で腸内状況を常に確認する

腸内環境は、予防する事も大切です。なぜならお腹の環境が悪くなった後では、手遅れの一面もあるからです。その代表例と言えるのは、大腸癌になります。今や日本のがん死亡率で第1位とも言える病気ですが、その病気になってからでは手遅れと言えるでしょう。病気にならないのが一番なので、やはり予防が大切と言えます。そのために心がけるべきなのは、まず健康診断でしょう。会社勤めをしている方々ならば、定期的にその診断を受ける機会はあります。人によってはそれをサボッてしまっている事もありますが、それは良くありません。知らない間にお腹の環境が悪くなっている可能性もあり、大腸がんになっている可能性もあります。 ですので、やはり定期的に健康診断は受けるべきでしょう。何も会社の健康診断だけでなく、内科医などでも問題ありません。街の医師の方々は、任意での健康診断を行ってくれます。まずはそれでお腹の中の状況確認をするのが、基本姿勢と言えるでしょう。それと便に対する知識です。お腹の環境は、実は便の形状によって判断できる一面もあります。形状だけで健全度が把握できる訳ですから、便の形に関する知識を覚えるのも重要です。それを行う目的は、もちろん「確認」をする為です。便の形という客観的な物差しによって確認するのは、腸内環境を正常に保つ上で必要不可欠と言えます。このような検査や形状などで客観的な状況を確認しておけば、腸内における病気も予防できるでしょう。

便秘改善のため、毎日ヨーグルトを食べています!

私は、お通じが2~3日に一度しかなく、以前より便秘に悩んでいました。そして、便秘を改善するには、腸内環境を整えることが一番だと思い、毎日朝食にヨーグルトを食べることにしました。そして、ヨーグルトを食べることで、少しでもお通じがよくなり、また、お肌もキレイになればいいなという思いもありました。また、ヨーグルトは様々な種類があり、最初どれを選べばいいのか迷ったのですが、いろいろ調べてみた結果、乳酸菌が入っているタイプのブルガリアヨーグルトを選ぶことにしました。そして、乳酸菌の働きについて詳しく調べてみたところ、乳酸菌は、腸内で善玉菌を増やしてくれ、善玉菌が増えると腸内での悪玉菌を抑えるので、腸内環境が整い、アンチエイジング力も高まるそうです。 さらに老化の原因となる活性酸素を中和し、免疫力もあがるので病気の予防にもなるということでした。ヨーグルトを毎日食べると、腸内環境を整え、便秘の改善効果だけではなく、健康と美容にもすごくいいことがわかりました。また、ブルガリアヨーグルトに入っているブルガリア菌は、人間の腸内に住みつくことはできないのですが、乳酸をつくり出し、腸内環境を整えたり、便秘を解消したり、免疫力を高めるという効果もあるそうです。私は、ヨーグルトは、毎日食べることが基本的に大切であると思っています。そして、ヨーグルトを毎日食べ続けた結果、便秘も改善し、毎日快調で過ごすことができています。   

腸内環境はまず食べ物から!

世間ではやたら健康ブームですよね。ダイエットしかりアンチエイジングしかり。そんな世の中でそれらの基礎となりうる腸内環境の改善が重要であるということも、テレビなり雑誌なりでご存知かと思います。そんな腸内環境の改善方法についてお教えします。まずはタイトル通り食事からですが、発酵食品を食べることをお勧めします。納豆やヨーグルト、キムチ等ですね。どうして発酵食品が腸内環境に良いかというと、先ほど挙げた食品には良性の菌がたくさん含まれていて、それを腸に直接届けるので腸内の良性の菌の割合が増え、悪性の菌の割合が相対的に減るのです。良性の菌が増えることで、お通じが良くなったり、大便の臭いが減ったり、ダイエット効果やアンチエイジング効果も得られます。 つまり腸内環境が改善されているということと同義です。食事が手軽で簡単で努力もそれほど必要ないのでおすすめできるのですが、次に効果的なのが運動です。運動と言ってもストレッチが特に効果的です。ストレッチをすることでお腹を歪ませるような運動をし、便秘を改善させます。便秘が改善すると、詰まっていた大便の周りにひそむ悪性の菌が一緒に取れます。つまり、ストレッチも腸内環境の改善に役立つのです。最初に申し上げたように、腸内環境とダイエットやアンチエイジングは密接に関係していることがわかりますね。みなさんもダイエットやアンチエイジングをするなら、まずは腸内環境の改善を目指しましょう。

腸内環境を整えるための4つの習慣

腸内環境を整えると、便秘の解消や美肌、ダイエット効果、さらには免疫力のアップも期待できます。 そこで、普段の生活に取り入れたい、腸内環境を整えるための4つの習慣をご紹介します。 その1:水分は1日1.5リットル! 1日合計1.5リットル以上の水を飲むようにしましょう。その際、一気に飲むのではなく、数回に分けて飲むのがポイントです。きちんと水分を摂取することで便秘の解消にもつながります。冷たい水ではなく、常温の水がベストです。 その2:1日3食、よくかんで食べよう! 1日3食、決まった時間に食事をとることで、体内時計が整い、腸の働きが良くなります。時間がないと抜いてしまいがちな朝食は、体を目覚めさせるという重要な役割を担っています。夕食は、最低でも寝る2時間前には食べ終わっていると良いでしょう。 また、食事をよくかんで食べることで、腸への負担が軽くなります。ひと口30回を目安に、よくかんで飲み込みましょう。 その3:適度な運動も大切! 外に出て日光を浴びながら運動することで、幸せホルモンのひとつ「セロトニン」が分泌され、腸内環境が改善されます。継続的に運動するには、体への負担が少ないウォーキングがおすすめ。1日30分を目安に続けてみましょう。 その4:睡眠は規則正しく! 食事と同じく、毎日決まった時間に寝るということも、腸にとってはとても大切なことです。腸は心身ともにリラックスしている睡眠中に、活発に働きます。きちんと寝ないと、腸の働きが滞ってしまうことに。 いかがでしたか? 毎日のちょっとした心がけで腸を元気にして、健康を手に入れましょう! 腸内フローラダイエット

最強サプリメント ビフィーナS

私は出産後今まで強かったお腹が弱くなりました。今までなった事無かった便秘になったり、突然下痢になったり外出前で腹痛に襲われる事もしばしばありました。腸内環境が悪いのかアレルギーやカンジタにもたびたび悩まされ、病院で薬を処方されても繰り返す状態。 薬でもダメなら腸内環境改善に本気で向き合うしかない!と思い行動に移しました。 まずは必ず1日1回はヨーグルトを食べる。私はダノンビオを毎日食べ、たまにR-1も飲んでいました。 次に発酵食品を多く摂ること。味噌や納豆も必ず1日の食事で取り入れる様にしました。 3つ目は黒ニンニクが良いと聞いたので黒ニンニクも1日1粒食べるようにしました。 更には毎日少しずつウォーキングも取り入れるました。 すると見事に便秘は解消!とってもスッキリしました。 しかしまだ下痢になる事はたまにあるし、カンジタもしつこくなかなかぶり返してきます。 どうしたらいいのか?悩んでいた時に見つけたのか「ビフィーナ」と言うサプリメントでした。私はその時ちょうどカンジタが発症して痒くてたまらず、何とか痒みを鎮めたいときでした。しかし処方された薬でも効かなかったのでじっと我慢するしか無かったのです。そんな時藁にもすがる気持ちでビフィーナを購入。早速飲みました。すると次の日には痒みが治まっている!偶然かな?と思いましたがそれから飲み続けた所、それ以来半年経ちますがもうカンジタが再発する事も便秘になる事も無くなりました。本当にびっくりしています。

いつも良い腸であるように

腸の状態によって今日一日の気分も変わるくらい腸内環境は大切です。常に良い腸内環境を保つにはまず基本的な食生活と睡眠です。偏った食生活を続けているともちろん腸どころか身体にも良くありません。また睡眠をしっかり取ることで体内時計を調整することもできます。1日3食しっかりとる事はかなり重要です。この基本的な生活にプラスしてヨーグルトにオリゴ糖を混ぜて食べたり、水分はしっかりとってなるべく和食を心掛けます。サラダも生で食べるのではなく、温野菜にして量を取るようにします。フルーツもたっぷりと、少し工夫してミキサーでジュースにしたりゼリーにしても食べやすいです。 また食生活だけでなくストレスを溜め込まないことであったり、ウォーキングや軽くジョギングする、ストレッチなども効果的です。腸を少し動かすだけでそれが刺激となって便通が良くなることもあります。腸内環境がよくなるとお肌が生き生きしたり、顔色が良くなり吹き出物も無くなりいいことづくしです。普段の食生活を少し変えるだけで腸内環境は全然変わってきます。もし今の食生活で脂っこい物やお肉ばかり、また外食が多いようであればこの食生活を見直すことで完全に腸内環境は変わります。和食を中心にした食生活で発酵食品も取り入れると効果的です。この発酵食品に含まれている乳酸菌が腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれます。ヨーグルトやオリゴ糖、発酵食品は毎日手軽に取り入れることが出来る食品なので毎日食べれば効果的です。

腸内環境を良くするために

腸内環境が悪いと、便がゆるかったり、オナラが臭かったり、肌の調子も悪かったりと、健康に良くないものです。そこで私がやっている腸内環境を良くする方法は、まず野菜を必ず食事毎に食べています。豊富な食物繊維が消化を助け腸内の不要物を掃除してくれます。ゴボウなどは、食物繊維が豊富ですが、水分を多く取らないと逆に詰まる原因となりますから、必ず水分をたくさん取りながら食べて下さい。次に乳酸菌を摂取する様にしてます。ヨーグルトやヤクルト、サプリなどを利用し腸内の善玉菌を増やす様にしています。 悪玉菌とのバランスも重要らしく、常に善玉菌の方が腸内に多くあるように乳酸菌を毎日摂取しましょう。乳酸菌にも色々な種類があるらしく、自分にあった乳酸菌、多様な乳酸菌を腸内に保持できるように、色々試してみるのが効果的だと思います。最後に適度な運動を続ける事です。毎日軽い運動、例えばウォーキングやストレッチ、筋トレなど身体を動かして腸を動かす事が、お通じをよくする事にも繋がり、腸内環境を整えてくれると思います。もう1つ忘れてましたが、ストレスは腸内環境にとって悪い作用をしますから、規則正しい生活を心がけ、しっかりと睡眠をとり、栄養バランスのとれた食事〈添加物が多く入ったものを避ける〉仕事などでのストレスを発散する事が非常に重要だと思います。私もこれらの事を心がけ実践していますが、一週間位で自覚できるほど効果を感じています。

便秘対策と善玉菌対策で腸内環境を整える

腸内環境を整えるためのカギは、便秘をしないことと、腸内細菌の善玉菌の手助けをすることだと考えています。便秘の対策では、出来る限り刺激性の下剤を使わないようにしています。というのも、刺激性の下剤は腸の粘膜を痛めてしまい、結果的に腸内環境に悪影響を与えるためです。そのため自然な排便をうながすように、日常生活の中で工夫することを意識しています。食生活では水溶性・不溶性の両方の食物繊維をバランスよく積極的にとること、十分な水分を取ること、お腹を刺激する体操をすることを心がけています。それでも便秘になりそうだったら、早めに便を柔らかくする薬を飲んで対処します。腸内細菌の善玉菌の手助けする目的でやっているのは、まず善玉菌のエサになるオリゴ糖を摂取すること。オリゴ糖そのものの製品もありますが、わざわざ人の手を加えて精製したものではなく、てんさい糖を普段の料理で砂糖の代わりに使うようにしています。 それともうひとつは、プロバイオティクスのヨーグルトを食べること。外部から摂取した善玉菌は、実は腸内細菌叢には定着できず、排出されてしまうのだそうです。それでも腸内を通過する間は、善玉菌としての役割を果たしてくれるので、もとから腸内に住んでいる善玉菌を助けるという意味で、頑張って毎日摂取しています。これは続けないと意味がないので、手軽に摂れるように、ドリンクタイプのものを選んで飲んでいます。最近になって知ったのが、植物性乳酸菌の有用性で、動物性乳酸菌とは違った機能が期待できるようです。という訳で、最近では味噌・しょうゆなどに加えて、キムチの摂取量を少しずつ増やしています。本当は腸内細菌叢のバランスがいい人の便をカプセルに詰めて飲み込むと、バランスのいい腸内細菌叢ができるそうなのですが、まだ一般に普及していないので、今後使えるようになったら試してみたいですね。